オルナティピンニス1週間の様子。人工餌の餌付けに成功しました。

こんばんは、松崎です。 オルナティピンニスをお迎えしてから無事に1週間が経過しました。 まだ幼魚で4センチに足りないくらいでしょうか。 よく見ると幼魚ならではのこんな特徴も残っています。 赤丸しているところが外鰓と呼ばれるところです。 以前エンドリケリーの幼魚を迎えた時の記事にも書いていたので引用します外鰓はポリプテル…

続きを読むread more

ポリプテスル・オルナティピンニスの幼魚をお迎えしました。

こんばんは、松崎です。久しぶりに、古代魚水槽に新しい魚をお迎えしました。 とっても小さなこの魚ポリプテスルの「オルナティピンニス」という魚です。 ポリプテスルは現在エンドリケリーが1匹入っているのですが、とっても臆病なうちの子はこのように配管や流木の陰に隠れていることが多く、あまりお目にかかれません。そのためもう2,3匹はポリプテス…

続きを読むread more

古代魚水槽が寂しかったので、水草を入れてました。

こんばんは、松崎です。古代魚水槽が少し寂しいので、水草をいれて色どりを加えてみました。 現在の古代魚水槽はこんな感じ砂利敷きに流木が横たわるだけの男らしいレイアウトだったのですが、慣れてくると殺風景でさみしく感じてきました。今回は水草を入れて華やかにしたいと思います。 また、水草を入れる理由としてはもうひとつあります ポリ…

続きを読むread more

半年放置した海水水槽の近況報告【2021.08.05】

こんばんは、松崎です。 しばらくぶりの更新ですが、水槽はまだ続けております。 現在の海水水槽の様子はこちら 魚はカクレクマノミとハマクマノミ、スプリンガーズダムセルの3匹だけになってしまいました。あとはエビや貝やイトマキヒトデが生き残っています。 この3ヶ月くらい掃除以外で触っていないので、安定というか熟成されて…

続きを読むread more

海水水槽のメンテナンスとデスロックの追加

こんばんは、松崎です。海水水槽のメンテナンスとデスロックを少し追加しました。 目次プロテインスキマー(海道達磨)の掃除水槽蓋をアクリル板で作るデスロックを追加するプロテインスキマー(海道達磨)の掃除海水水槽のプロテインスキマーはカミハタの「海道達磨」を使っています。 リンク 使い始めて半年ほど経ちましたが、音も静かで汚れもたく…

続きを読むread more

海水水槽の近況報告【2020.12月】

こんばんは、松崎です。 最近少しずつ生態を増やしている海水水槽の近況を報告します。 まずは古株の生体やサンゴ様子から 調子良いのがこのキッカサンゴです。本当に少しずつですがフチが広がってきて、着実に成長しています。最初はフラグに乗っていたのですが、もう上からは見えなくなっています。 ちなみに10か月前のお迎え直後がこ…

続きを読むread more

ポリプテルス・ビキールspコリバをお迎えしました

こんばんは、松崎です。 古代魚水槽にポリプテルス・ビキールspコリバをお迎えしました。 ポリプテルスはあまり詳しく無いので、チャームで説明呼んだ情報ですがこの魚はビキール・ラプラディの亜種(ほぼ同じ種という意味?)だそうです。 厳密には見た目の違いがあるそうですが、私のレベルでは見分けがつかないです。 という事で安く流通…

続きを読むread more

古代魚水槽のコケ対策。カバクチカノコ貝とリン酸・ケイ酸吸着材

こんばんは、松崎です。 60㎝の古代魚水槽ですが、最近コケが大変なことになっています。 正面のガラスには緑苔がへばりつき、底や背面には茶コケがまみれています。 ダトニオプラスワンとエンドリケリーが順調に成長しているので、最近は餌の量を増やしているのが原因と思われます。 これからも餌の量は増え続ける予定なので、コケ取り生物…

続きを読むread more

マングローブ・メダカ水槽を立上げ。ビオトープを越冬するため室内に入れました。

こんばんは、松崎です。 春からやっていたビオトープですが、そろそろ気温が下がってきたので越冬用に室内に引っ越すことにしました。 メダカの睡蓮も外でも生きていけるのですが、このビオトープに寒さに弱い植物を入れています。 沖縄でお土産に購入したマングローブです。今年で2年目を迎えました。 マングローブは寒さに弱いので…

続きを読むread more