水草仕分けの続きと流木解体

こんばんは、松崎です。 水槽リセットを少しずつ進めています。 水草仕分け、前回のの続きです。(過去記事) まだまだかなりのぐちゃぐちゃです。 ↓ まずはがっつり掴み取ります。ロタラとウィステリア、ルドビシアあたりが混ざっています。 ↓ スクリューバリスネリアもどっさりあります 前回と同じ要領で仕分けを進めるとこうなりますかなり整理されてきました。続いて流木の解体です。↓ リセット前の水槽 ↓まずは向かって右側の大木風のやつこんな感じです。足元にはビスが3本飛び出していてソイルに突き刺して立たせています。 ↓ 解体するモスがかなりの量になっています。どんどんむしり取り ↓ こんな感じになりました ↓ はずしたモスは乾燥しないようにストック水槽に浮かべておきます。 ↓ 細かいモスも綺麗にとるとこんな流木だったんですね。1年ぶりに姿が見られました。↓ つづいて向かって左の塊アヌビアス、ミクロソリウムあたりが活着しています。 ↓ 解体する6本の流木が繋がっていたんですね ↓ 活着した姿がきれいだったのでこれは取らずに残しておきました。 ↓ 外したビスをよく見てみると全然錆びていませんでした。ステンレスなら大丈夫ですね。海水水槽だと流石に錆びるでしょうが、淡水なら1年使っても問題なしでした。 ↓ 整理した後のストック水槽です濁りがすごいことになっています。 ↓ 家にあった投げ込み式フィルターを投入します。 ↓ 数時間すると水が透き通りました。 とりあえずストック水槽の準備…

続きを読む

醗酵式CO2添加方法

こんばんは、松崎です。 水草ストック水槽を整理している途中ですが(過去記事)水槽立ち上げまでの間、水草の状態を少しでも維持する為にCO2添加をしておきます。 しかしソイルも捨ててしまったし、あくまで仮の状態なのでボンベを使うのはもったいない。ということで、醗酵式CO2でとりあえずお茶を濁すことにしました。 以前グッピー水槽の時に醗酵式をやっていたので道具は揃っています。 ↓ ペットボトルのキャップに穴を開けてエアーチューブを通したものを作ります。 以下、作り方を簡単にご紹介。 ↓ グラニュー糖(100均) ↓ これを100g使いますなければ普通の砂糖でも可能だそうです。(やったことないけど) ↓ これをさっきのペットボトルに入れますじょうごを使うと簡単に入ります。これも100均だったかな。 ↓ いちいち100g計るのが面倒なので、今後のためにテープで印をつけておきますこうしておくと次回は印までグラニュー糖を入れれば良いので楽チンです。家に計りがない人はこの写真を参考までに。爽健美茶のペットボトルでだいたいこれくらいです。 ↓ そしてイースト菌100均だったかスーパーだったか忘れましたがこれも数百円で買えます。使い終わったら冷蔵庫で保管したほうが良いそうです。 ↓ これはだいたいですが、水面にパラっと広がる程度。 ↓ そして蓋してよくシェイクしたらしばらく放置します ↓ 翌日の様子写真だとわかりずらいですが、しっかり気泡が出てきました。IMG_0771.mp4 今…

続きを読む

消えたマンダリンと伸縮するシライトイソギン

こんばんは、松崎です。 先日入海したマンダリンですが、行方不明になりました。(過去記事:マンダリンの放流)もともと太りまくった状態で買ってきて、餌付けで苦戦してるうちに痩せて来たので放流という流れでした。しかし、その後一ヶ月程ひらひらと水槽を泳いでいたのでなんとなくこのまま生き延びるだろうと安心した矢先、姿が見えなくなりました。 恐らく餓死させてしまったんだと思います。非常に残念です。前回のカニハゼに続いてうまくいかなかったです。(カニハゼについて)↓ マンダリンが見えなくなったと同時にシライトイソギンチャクが随分縮んでいますあきらかに不自然です!死んだのかと思いました。しかし翌日にはものすごいふくらんできました ↓ 翌日の様子 ↓上から こんなに伸縮するものでしょうか?もしかしてマンダリンを食べた、、?先月から様子がおかしかったので(過去記事シライトイソギンチャクが何か変)関係ないのかもしれませんがとにかく不審です。これからもどんどん生体を入れたいと思っているので、肉食イソギンだと困ってしましますね。 カニハゼ・マンダリンと続けて失敗しているので、次回は雑食のバク食い魚が欲しいです。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

天然海水投入(千葉県九十九里浜)

こんばんは、松崎です。 先日 嫁が子供の友達と千葉県の九十九里の方に遊びに行ったので、ついでに海水を汲んできてもらいました。 ↓ ペットボトルに2本本当は18Lくらい持ってきてもらおうかと思いましたが、初めての天然海水なのでとりあえずお試しです。 ↓ 水をよく見てみると若干浮遊物は見られますがまあまあ綺麗写真じゃ見えないくらいの小粒が舞っています。 ↓ そのまま入れようか迷いましたが、変な虫が入っても困るので一度ゴミをとりました ↓ ウールマットで一度濾過しましたが、よく見るとなんだか動いているものも居ましたこれが悪いのか良いのかわからないですが、とりあえずリスク回避です。 ↓ 一応比重を測ってみると1.0245くらいでしょうか。ほぼほぼそのままいれたも問題なさそうですが、気持ち水道水で薄めて1.023で投入しました。 ↓ 水槽の様子をしばらく見ているとカクレクマノミとナンヨウハギはパクパクしながら動き回っています。見えないくらい小さい微生物をたべているんでしょうか?普段の餌をあげた後に天然海水投入したので、上のカクレクマノミはお腹がパンパンになっています。 ↓サンゴたちの様子はこちらマメスナ、スタポは変わらず、ネジレタバネサンゴだけ様子が変わって膨らんでいます。しばらく様子を見て問題ないようなら、また天然海水を入れてみたいと思います。 塩素たっぷりの水道水よりは、きっと良いと思いますので。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

リセット後 水草の仕分け

こんばんは、松崎です。 水槽リセットがなんとか終わり、次回立ち上げの準備をしておきます。↓過去記事水槽リセット開始! ↓ 隔離水槽の様子です 生体用と水草用に分けました。短期間なのでどちらも底砂も何もなく簡易的です。生体用は、濾過とヒーターとエアレーションだけですっきりしています。なんだかショップの水槽みたい。すかすかです。もっと小さい水槽でもよかったかもしれませんが、水量があったほうが魚には良いと思うのでこれで行きます。↓ 照明が強すぎるのか魚の色が飛んでしまいますね。ラミーノ-ズの鼻が赤く無い。↓ ミナミヌマエビが思ったより繁殖してました初めは5匹投入したのですが、全部で30匹くらいになったかな。 ↓ 続いて水草隔離水槽です。流木と引っこ抜いた水草をとりあえず押し込みました。これから次回立ち上げ用に仕分けしておきたいと思います。 ↓ 試しに上に浮いていたブリクサショートリーフを取ってみます ↓根が長いので切断 ↓ ウールマットでひと束にまとめるこれの繰り返しで選別作業に入ります。 ↓ まずはざっくり掴みとるとこんな塊が上がってきます。 ↓ ちまちま手作業で分解すると要るものと捨てるものに分かれます。 ↓ 捨てる部分は絡みついたウィローモス、アナカリス、スクリューバリスネリアの根っこ等。 次回も使いたいのがこちら↓ ショートヘアグラス ↓ ロタラSPベトナムレッド全然赤くならずに弱っていましたが、根っこもまだあるので復活を期待しています ↓ パールグラスこれも綺麗に匍匐…

続きを読む

水槽リセット開始!

こんばんは、松崎です。 いよいよ水草水槽をリセットします↓過去記事水草水槽をリセットする理由水草水槽リセット前の反省とまとめ 初めての水槽リセット作業になるので、せっかくだから順を追って説明していきたいと思います。 ↓ リセット直前の全景 まずはどこから初めて良いかわからず怯みましたが ↓ まずは右側の流木から撤去しました 持ち上げて思いま出しましたが、立てるために流木の底面にビスを打ち込んでありますこれをソイルに差し込む形で直立していました。ほとんど倒れずしっかりしてましたので成功です。ちなみにビスはステンレスの75㎜でしたがまったく錆びていないですね。 ↓ 次に左の流木も撤去します 外した流木はモスやナナプチが付いているので大バケツに入れて水に浸しておきます ↓ 流木外した後の様子、かなり汚れが舞っています ↓ 魚に悪そうなのでここで可能な限り捕まえてバケツに隔離します熱帯魚って上から見るとなんだかわからないですね。地味なめだかみたいです。↓ リセット中も外部フィルターは稼働したままにしています。 ↓ 溶岩石と小さい石も撤去して流木バケツに入れます ↓ これで水草と底砂だけになりました ↓ ラミーノーズテトラとコリドラスがものすごい速さで逃げ回り、ここまで捕まえらずにいたのですが流石にこのまま水草抜いたらもう捕まえられないと思い、この段階で時間をかけてなんとか回収しました。↓ そしていよいよ水草引っこ抜きますスクリューバリスネリアです。ものすごい根っこです。 ↓ 一…

続きを読む

水草水槽リセット前の反省とまとめ

こんばんは、松崎です。 水草水槽を週末にリセットすることにしました。その理由 リセット前に一通り振り返り、次のレイアウトへ活かすために現状を把握しておきたいと思います。 まずは使いこなせなかった水草ですが ↓ スクリューバリスネリアあちこち伸び放題で大変でした。ランナーが強すぎて切っても切ってもあちこち広がって、根を切断して引っこ抜くと粉ソイルが舞うし石が崩れるし、、、色もすぐに黄色がかってしまい上手くいきませんでした。水面まで伸びて水流にたなびくのは綺麗なんですが、次回はどうしようか迷いますね。使うとしたらランナーを伸ばせなくする工夫が必要かな。 ↓ 前景草グロッソ、パールグラス、ショートヘアグラス前景草全滅です。緑の絨毯を目指したのですがなぜか全然匍匐せず、根が浅く掃除するたび抜けてしまいヒョロヒョロになって終わりました。照明はコトブキのフラットLEDツイン+蛍光灯2灯なので不足していることは無いと思うのですが、素人にはなかなか難しいものですね。co2を度々切らしていたのが良くなかったのかもしれません。↓ ウィローモス初めはほんの1カップだけ入れたのですが、ものすごい勢いで増えました。トリミングのたびに水槽内に散らばり回収しきれず、常に低床のあちこちに落ちています。co2切れもあり全体的に黒ずんでしまいました。でも伸びるの早いし気泡もたくさん出るので、次に使おうか悩みますね。 ↓ アマゾンチドメ以前も書きましたが、どんどん上に間延びして下部の葉が溶けていきました。気が付くとトリミン…

続きを読む

水草水槽をリセットする理由

こんばんは、松崎です。 今月中に水草水槽をリセットしなければいけません。その理由は、雛人形を出さなければいけないからです。 毎年3月3日のひな祭りまでに、娘のために雛人形を出しています。設置場所はリビングに置いている子供たちの洋服ダンスの上のスペース。 そうです、いま水槽を設置している場所です。 思えば水槽を初めて買ったのは去年の4月。お祭りで金魚をすくって帰ったのがきっかけでした。→過去記事 ちょうど雛人形も片付けて、幅900×奥行450のちょうど良いスペースが空いていたのです。 そのときは水草レイアウトなんて考えてなかったし(というか知らなかったし)「来年の3月には掃除のついでに一回どかして、雛人形置けばいいか」と簡単に考えていました。 それからなんだかんだで水槽にはまり、気が付けば簡単にはどかせない状態になってしまいました。しかし雛人形を出さないわけにもいかないし、ここしか置く場所がないんですよね。 ということでリセット準備に入ります! 先日片付けたグッピー水槽(45cm)と拡張して余った海水水槽(60cmスリム)があるので、これらを生体と水草の一時避難水槽にして準備したいと思います。 ひな祭りが終われば改めて水槽を立ち上げる(戻せる)ので、レイアウトも考えていきたいと思います。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

水草水槽の近況【18年2月】

こんばんは、松崎です。 水草水槽の近況です。 定期的に水換えと掃除はしています。もうコケはほとんど出なくなりました。生体も亡くなることはなくなり、とりあえず安定していると思います。 co2ボンベが無くなっていたのに気づいていたのですが、海水水槽立上げで忙しく1ヶ月程添加していなかったため水草の状態は悪くなってきました。 ↓ モスが細くなって黒ずんでいます ↓ 大木に見せる目論見はなんとなく達成かな思ったより全然格好良くならなかったけど。↓ アヌビアスナナプチはしっかり活着して見栄え良くなってきました ↓ 導入当初(約半年前)はこんな感じでした そういえば、グッピー水槽を畳んでこっちに引っ越しました。 ↓ あの時パッキングに混ざって入ってきた子供グッピーだいぶ大きくなりました。 両親は残念ながら飛び出しと給水管に挟まれていなくなりました。子供たちが3匹くらい残っているので、なんとか増えてくれたらと期待しています。グッピーは水草に似合わないので、もう少し成長して見栄えが良くなってきたらまた単独で水槽立ち上げたいと思います。 ↓ こいつも一緒に引っ越してきましたコリドラスジュリーです。まだ小さくてとても可愛いです。臆病なので普段あまり前面に出てこないのですが、久しぶりに姿が見えたので動画撮ってみましたIMG_0042.MP4 他の方のブログでコリドラスパンダが気づいたら繁殖して居たというのを見ました。隔離しなくても隠れ家が多ければ生き延びたりするんですかね。 ジュリーが繁殖で…

続きを読む

ネジレタバネサンゴを購入しました

こんばんは、松崎です。 ふらっと寄ったショップで小さなネジレタバネサンゴを見つけたので購入しました。 魚もサンゴも小さいのがだんだん大きくなるのが好きなので、その小ささと蛍光色に惹かれて購入です。 ネジレタバネという名前も初めて聞いたしどんなサンゴか知らずに買ってしまったので、帰って水合わせしながらネットで調べました。 【ネジレタバネサンゴ】 学名「Caulastrea tumida」・ハードコーラル(LPS)に分類される・キクメイシの仲間・毒性は強めだが接触しなければ特に問題なし・骨格は枝状のものと密集したものがある  →今回買ったのは枝状・水流、光量はほどほどで良い・割と丈夫で増えやすい 難しくは無さそうで良かったです。↓ さっそくヤドカリがちょっかい出しに来ました カルシウムリアクターや添加剤もやっていないのでなかなか大きくはならないと思いますが、気長に成長を見守りたいと思います。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む