春が来たのでビオトープを復活します

こんばんは、松崎です。 去年の夏前に庭に小さなビオトープを作ったのですが 秋が来て、一度崩壊しました。 昨年末の様子アオミドロの大発生と、枯れた植物を放置したので水質悪化しメダカが全滅しました。この時はビオトープ初めてなので、どの程度まで手を入れてどこまで自然に任せるかの判断を間違えたと思いましたが 冬がきて1月に大雪にやられて 2月にはすべてが凍りつきました。 ここまで来ると、たとえ秋の時点でメダカが生き残っていたとしてもどのみち冬は越せなかったのではないでしょうか?ビオトープをやっている人は生体の越冬どうしているのでしょう? 今後は秋になったら室内に避難水槽立ち上げて冬を越えて、春になったらビオトープに戻すようにしようと思います。 さて、今年も春が来たのでビオトープを復活させます。ホテイソウを今年も買ってきました。白い斑入りにしました。去年は購入したのが遅かったのか、増えはしたけど結局咲かずに終わったので今年は咲くと良いなぁ。 睡蓮は越冬できる種類を去年購入したのですが、よく見るとちゃんと新芽が出ていました!あんなに雪や氷でひどい環境だったのに意外と強い植物なんですね。 水砥草も4月入ってから新芽がどんどん伸びてきました。実は去年の失敗で今年はビオトープやめようか迷っていたのですが、これを見て「今年もビオトープ復活させよう!」と思い立ったほど元気に伸びています。 そして生体です。【白メダカ】を5匹入れました。昨年はヒメダカと幹之メダカをいれたのですが、めがかは普段背中しか…

続きを読む

ヤッコの幼魚を購入しました

こんばんは、松崎です。 海水水槽に生体を入れました。こちらの大型ヤッコ(幼魚)です。この写真だけで種類がわかった人はすごいですね。私は全然幼魚の見分けがつきません。 正解はワヌケヤッコです。 以前キヘリキンチャクダイを購入する前に欲しかったけど幼魚がなかなか巡り会えずに断念したのですが、先日ショップにふらっと寄ったら見つけました。少し体調が悪かったようで治療中とのことでした。でもだんだんと良くなっており、来週くらいには販売かけようと思っているとのこと。これはチャンスを逃したらまた買いそびれると思い、この状態で良いので売ってくださいとお願いしてお持ち帰りしました。 肌が少し荒れているのと白点が少しありますが、餌はパクパク食べているのでこのまま回復してくれることを祈るのみです。 最初は隔離して餌付けしようか悩んだのですが、キヘリキンチャクダイで先日失敗しているのでいきなり放流にしました。先住者はカクレクマノミとナンヨウハギでどちらも小さく大人しいのでストレスにはならないだろうとの判断です。案の定入れた途端にヒラヒラと4匹で泳いでいます。性格は大人しいとの事で、喧嘩する素振りは見られませんね。 若干臆病なところがあるようで、人影が水槽前を横切るとあわててライブロックの裏に一度隠れますが、すぐに出てきて餌をねだるようにヒラヒラ泳ぎだします。 最後に動画ですIMG_1105.mp4 今度こそ、このまま大きく育ってほしいところです。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブ…

続きを読む

ドライ濾過を強化する

こんばんは、松崎です。 先日ドライボールを導入したのですが、ウールボックスに少しだけしか入らなかったのでいまいち効果が弱いような気がしていました。こんな感じでウールマットの下に少しだけ入れました。やはりこれでは少ないですね。それに順番としてもウールマットの後にドライボールだと落ちて来た水がうまく散らばらず、ドライボールに広範囲にかからないような気がします。 そこで思い切ってウールマットをやめてしまおうと思い撤去しました。ウールマットを取ると上に大きなスペースが出来ました ドライボールを入れます。容量的には3倍くらいになりました。 そしてウールボックスの下なのですが40φの塩ビが切りっぱなしで落ちています。そこでエルボを付けてウールマットを入れてみることにしました。 こんな感じで詰め込みます。 落水の音も無くなりウールマットの物理ろ過も出来るので、しばらくこれで様子を見てみようと思います。 カテゴリ別の記事はこちらです。海水魚水槽古代魚水槽水草・熱帯魚水槽ビオトープ自作・商品紹介 ↓参加しています。よろしければお願いします。にほんブログ村

続きを読む

ベケット式プロテインスキマー購入(※ベンチュリー式の間違いでした)

こんばんは、松崎です。 立て続けに魚を亡くしているので濾過を強化することにしました。ちなみに今はエアーリフト式の自作マメスキマーもどき ろ過槽に入れています。それなりには取れていますがやはりパワー不足でしょうね。 そこで中古機材を売っているお店に行ってみるとこんなプロテインスキマーが売っていました。ポンプは無くて本体のみです。プロテインスキマーは買ったことがないのでネットで見た情報だけですが、スキマーポンプという特殊な形のインペラーがついたポンプで、スキマー内に水を空気と撹拌しながら送り出して泡を発生させて汚れを取る事ができるそうです。 この写真の商品を見たときは「スキマーポンプがついていないからこんなに安いんだ」と思って深く考えずに購入しました。ポンプだけ別で購入すれば良いし、500円ならとりあえず本体だけでも買っておこうと考えました。 ↓ 帰宅してよく観察してみます。汚れが取れるカップの部分です。大きいのでたくさん取れそうですね。 ↓ 水槽やろ過槽の取付ける部分です横向きにしてフランジにも付けられて 下に向ければ水槽のフチにもかけられます。 ↓ 排水部分コックがあって排水量が調整できるようになっています。これでスキマー内の水位を調整するようです。 ↓ そしてポンプから水+泡を送り出す部分エアーチューブが差し込めそうな穴があったので、試しに手持ちのチューブをさして見るとぴったりですね、ついでにエア調整用の弁も余っていたのでつけてみました。 そこで思いついたのですが、これっ…

続きを読む

ミズタマハゼを入れたらすぐ力尽きました

こんばんは、松崎です。 先日 キヘリキンチャクダイが力尽きたので、さっそく新しい魚を買いに行きました。 ミズタマハゼです。ベントス系という底砂の中の微生物を食べるハゼの仲間で前から気になっていました。 同じベントス系では、昨年カニハゼを購入したのですが機材トラブルで亡くしてしまいました。とても愛嬌があり気に入っていました。そこでカニハゼをリベンジするかミズタマハゼにトライするか悩んでいたのですが、ショップにとても元気の良さそうなミズタマハゼがいたので購入に至りました。 今回の子はとにかく元気がよく、水合わせ中に飛び出しそうになるほどの暴れん坊でした。そして餌付けのケースにいれたとたんに底砂を食い荒らし砂煙だらけになりました。カニハゼが無くなってから底砂を触っていなかったので、デトリタスもすごい勢いで舞い上がります。 ↓ 動画でみるとこんな感じIMG_0854.mp4 ベントス系のハゼは病気には強い方だとは聞きますが、ここまで砂煙だと流石に心配になります。本水槽にも流れていくのでナンヨウハギが白点にならないかも心配。 ↓ 鬼のような形相で底砂を荒らしますIMG_0865.mp4 赤いのは海藻です、ヒラガラガラだったかな。 まあ、食欲はものすごくありそうなので落ち着けば大丈夫だろう。 と思っていた翌日 朝起きて水槽を覗いたら力尽きていました・・・。 うーん、とても元気に見えたのですが。海水魚は本当に難しいですね。亡くしたのは今年入って4匹目です。1月にカニハゼ、2月にマンダリン…

続きを読む

キヘリキンチャクダイが力尽きました

こんばんは、松崎です。 先月キヘリキンチャクダイを購入したのですが、力尽きてしまいました。 餌もそれなりに食べていたし、先住者の魚たちとも仲良くやっていたので原因はわかりません。白点もほとんど見当たらなかったのですが、やはり環境が変わった事で知らずにストレスが溜まっていたのでしょうか。 非常に残念です。 元気な頃の映像です。↓ こちらは入海翌日の様子IMG_0799.mp4臆病なため餌取りに参加できず、水面でカクレとナンヨウハギが全部食べてしまい困っている様子です。 ↓ 数日後IMG_0801.mp4餌を水中にも落としてあげるようにしたら一生懸命パクついています。先住者が水面の餌に夢中になっている間に頑張って食べています。食欲は結構あったと思います。 ↓ 最後にみんなで泳いでいるところIMG_0795.mp4色合いが黒と黄色で格好良かったですね。カクレのオレンジとナンヨウハギの青ともよくあっていて綺麗でした。幼魚から成魚への成長を楽しみにしていたのですが、わずか1か月で落としてしまいました。 いつかまた、再挑戦したいと思います。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

ブルーエンゼル導入

こんばんは、松崎です。 水草水槽立ち上げて3週間経ちました。水もキラキラしてきて安定しているようなので、避難水槽から生態を戻しました。避難している間に魚が激減しました。ラミーノーズテトラ 2匹アカヒレ 3匹ドイツイエロータキシード 1匹ミナミヌマエビ 10匹生き残ったのはこれだけ。 60㎝ワイド水槽には少し寂しいです。 そこで、新しい仲間を導入します。ブルーエンゼルフィッシュです。エンゼル系は飼ったことがなかったので興味がありました。たまたまショップでも子供サイズが入荷した所だったので購入してみました。 【ブルーエンゼルフィッシュ】属性:スズキ目 シクリッド科 エンゼルフィッシュ属分布:改良品種体長:15㎝前後水質:弱酸性の軟水餌 :人工飼料OK 自生はしておらず改良品種で、出始めたころに雑誌に大々的に取り上げられ人気が出ましたが、なかなか系統が確立されず出回るのに時間がかかったため、「幻のエンゼルフィッシュ」と言われていた時期もあるそうです。 今回購入したのはまだ小さいサイズなので青みが少なくシルバーに輝いています。仲良く3匹で優雅に泳ぐので見栄えもよく気に入っています。背びれが少し荒れているのでたくさん餌上げて元気にしていきたいと思います。これからの色の変化も楽しみです。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

2213を簡易オーバーフロー化

こんばんは、松崎です。 立ち上げ2週間経った水草水槽ですが、水面の油膜がすごいです。CO2やエアレーションの気泡も潰れず、水面が泡立っています。 濾過が外部フィルター2213を使用していますエーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット - 吸水・排水はこんな感じなので水面の油膜は取れません 海水では自作オーバーフロー化しているので油膜は発せしません。 そこで、2213でも簡易的にオーバーフロー化出来ないか考えてみました。といっても吸水はあくまでパイプで吸うのでオーバーフロー菅に落ちた水をパイプで吸うだけの簡易版です。 ↓ まずはオーバーフロー菅を作ります塩ビ管φ20を適当な長さに切断し、落水用に切り込みを入れます。 ↓ 吸水パイプにかぶせます 仕組みを簡単に書きます塩ビパイプの下は空いているので下からも水が入ります。しかし、塩ビ管が細いので2213を稼働し吸い始めると塩ビ管内の水位が少しだけ下がり上部から落水し始めます。この少しの落水で油膜が取れないかと考えました。 ↓ 上部の様子浮遊していたアヌビアスナナが吸い寄せられてきました。上部からほんの少しずつ落水していることが確認できました。 ↓ 下部の様子です塩ビ管の底は塞いでいないのでメインはこちらから吸い込んでいます。ろ材代わりの軽石が敷き詰められているところから吸い込んでいますので底面フィルターとしても効果があります。 ↓ 色もグレーの塩ビ管にしたので、元の緑よりも背景に溶け込み目立たな…

続きを読む

水草水槽立上⑥有茎草のトリミング

こんばんは、松崎です。 水草水槽立上げももう少しです。 レイアウト完了し、湧き水を設置し、有茎草・前景草の植栽まで行きました。 今日は有茎草の一回目トリミングをしたいと思います植えたのはロタラ2種類です。 ここで水槽立上げ時のトリミング方法を確認します。 一年前に立ち上げた水槽でも同じ有茎草を植栽していましたが、全然うまくいきませんでした。左奥に植えているのですが、密集せずにひょろひょろと貧弱な感じにしかなりませんでした。葉の数が少なく、上部3センチくらいしか葉がなくそこから下は茎だけになってしまいます。 そこでレイアウトの本を参考に学習しました。(下図参照)有茎草は放っておくと、まっすぐひょろりとしか伸びないそうです。そこでトリミングが必要になるのですが、トリミングで切断した所から枝分かれしていきます。なので、切断する高さを低いところからだんだん上にしていけば自然と枝の数=葉の数が増えて密集するそうです。こんな単純なことすら知らず、去年の水槽は少しでも葉を残そうと上の方だけを恐る恐る切っていました。それでひょろひょろロタラになっていたんですね。 水槽以外の趣味で盆栽も好きなのですが、松の剪定と同じ理屈ですね。 伸ばしたまま放っておくとひょろ長の枝になり 毎年しっかり切り戻せば新芽が増えて格好がつきます この理論で行くと、水槽立上げ時は思いっきり根元で切ったほうが良いということになります。 ストック水槽に放り込んでいる間に枝が曲がってぐにゃぐにゃになっていたのでちょう…

続きを読む

水草水槽立上⑤(前景草植栽)

こんばんは、松崎です。 前回有茎草の植栽を行いました 今度は前景草です。 場所は向かって左側の溶岩石上部分 沈まない流木を石で押さえつけている場所です。パールブラスを匍匐させて流木と絡めたいなと思います。 まずは流木を出しますろ材兼かさ上げ用の軽石が出てきます ここにソイルを敷き詰めます 使用したのは前回と同じくアマゾニアと水草一番のMIXここに種類は忘れましたが、パールグラスを植えていきます茶色になりかけて状態が良いとは言えませんが復活を期待します。ソイルはパウダータイプにすれば良かったです。 流木を戻します 水入れ後も浮き上がることなく、取り合えず落ち着くまでエビやコリドラスは入れないで様子を見ます ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む