ビオトープを睡蓮鉢で復活

こんばんは、松崎です。 コケの大発生で一時撤去したビオトープですが、先日睡蓮鉢を買ってきて復活しました。(過去記事:ビオトープを撤去しました) 前回撤去した後、メダカは室内の水草水槽へ避難しましたこっちのほうが毎日エサがもらえて居心地良いかもしれませんね。 植物と水はとりあえずプラスチックのタライに移動していました。天気の悪い1週間でしたがそれでもコケが増え始めています。 そして買ってきた睡蓮鉢がこちら陶器製に見えますが、ホームセンターで売っているプラスチック製品です。本当はもっとちゃんとした鉢と迷ったのですが、いまいち睡蓮鉢のサイズ感がつかめなかったので試しにこれでやってみます。 上から見るとこんな感じ。プラスチック製品のデメリットは、屋外使用なので耐久性がないのはもちろんですが、厚みがないので水温変化が外気温に左右されやすいようです。厚みのある鉢だとある程度は安定するみたいですね。なので少しでも水量を増やしたくてプラスチック製品の中では深さのあるやつを選びました。バケツ2杯分くらいなので20Lくらいだと思います。 ではさっそく植物を移動していきます。水砥草は根っこがすごい勢いで伸びていますね。すこし迷いましたがこれはバッサリ剪定しました。 ホテイソウは枯れ始めている部分だけ取り除きましたが、メダカの卵が付いていると思うので根はそのまま入れました。あっさりセット完了です。本当は石や流木も入れて少しはレイアウトしたかったのですが手頃なのが無かったのでまた今度にします。水入れの時に…

続きを読む

水槽の電気代について

こんばんは、松崎です。 最近暖かくなり、ようやく水槽のヒーター稼働時間が短くなってきました。 水槽始めてから初めての冬を越えたのですが、先月嫁から「今年の冬は電気代が異常に増えている!」と苦情がありました。原因は間違いなく水槽だと思うので、去年と比較して増額した分は私の小遣いから支払う事になりました。 月にもよるのですが6,000円~8,000円程、去年から上がっているようです。昨年の4月から水草水槽始めて、9月頃には海水水槽を立上げ、ストック水槽も含めると最多で6つが稼働していました。 そこで、水槽にかかる電気代をあらためて計算してみることにしました。 現在稼働しているのは3つです。 ・水草水槽 60×30×40 ・海水水槽 60×20×30 ・古代魚隔離水槽 17×17×17 では、それぞれ計算してみます。 電気料金単価1kWh = 23円として30日1Wあたり0.69円 ヒーターは仮に10時間稼働 ~水草水槽~ 1ヶ月あたりの電気代外部フィルター22135W24時間83円フラットLEDツイン34W8時間188円蛍光灯2灯42W8時間232円ヒーター200W10時間1380円湧水ポンプ F14.3W24時間71円エアポンプ MUTE D1W16時間11円合計  1965円 ~海水水槽~ 1ヶ月あたりの電気代揚水ポンプ 125028W24時間464円スキマーポンプコンパクトオン100015W24時間249円LEDスポット24W8時間133円ヒーター300W10時間2…

続きを読む

我が家の水槽状況

こんばんは、松崎です。 先日、水草水槽の場所を移動しました。水槽はリビングに設置しているのですが、子供の勉強机を設置する関係で現状の位置が邪魔になってきたからです。 私はほかの方のアクアリウムブログをよく拝見するのですが、家の間取りやどんな環境でアクアリウムをされているかを公開している方は少ないと思います。しかし、趣味として水槽を維持していくにあたって水槽の配置や家族の理解度って結構重要ですよね。 ↓ という事で、今回は簡単に我が家の間取りと水槽の状況を説明します。木造2階建ての一戸建てに住んでいます。水槽の設置場所はリビングに水草水槽と古代魚水槽、玄関に海水水槽、外のウッドデッキにビオトープ(一時撤去中)です。 水草ストック水槽やグッピー水槽は2階に設置していました(過去記事:水草ストック水槽、グッピー水槽) ↓ 水草水槽はリビングの子供服が入っているタンスの上に設置していました。ここは毎年3月に雛人形を設置する為、年に一回リセットする宿命を背負っています。(過去記事:水草水槽をリセットする理由) ↓ そして今回の移動先はこちらです。テレビの横に勉強机を設置するので、リビング入口のドア付近になりました。海水魚水槽と壁挟んで並ぶ形ですね。 ↓ ではさっそく水を抜いていきます機材の配線関係をまとめて、ポリのゴミ箱に40Lほど飼育水を移動します。 ↓ 移動先はこちらスリットガラスの向こうに海水水槽が見えています。 水槽台代わりのタンスごと移動なので、飼育水だけ抜いた状態でズル…

続きを読む

ビオトープを撤去しました

こんばんは、松崎です。 ビオトープを始めて9ヶ月経ちました。 なにもわからないままとりあえず立ち上げてみたのが2017年10月。(過去記事:ビオトープの紹介) その後コケにまみれて、植物も枯れて大掃除をしたのが2018年1月(過去記事:ビオトープ大掃除) 冬を越えて生き物が死に絶え、リセットして復活したのが2018年4月(過去記事:春が来たのでビオトープを復活) そしてそれから2ヶ月、こんな状況になりました結局コケまみれです。主にアオミドロ。 小さなフィルター入れて水流作っているんですが、コケが光合成したのか気泡が割れずに泡立ってます。屋根が無く直射日光が当たるのでそれが原因なのはわかっているのですが、庭は小さいので他に設置する場所がないのです。屋根作ると邪魔になるし、、。 そして植物は睡蓮は2年目ですがちゃんと新芽が伸びました。しかし葉が小さくあまり元気には見えません。茎もとても細くてコケを取ろうとすると簡単にちぎれてしまうほどです。 ホテイソウはどんどん増えますが次から次から腐っていくので、新芽の綺麗な緑と茶色く変色した部分が半々。定期的に腐った部分は撤去しているのですが、その繰り返しで結局花が咲くところまではいけません。意外と難しいんですね。 そして生体5匹ほど入れた白メダカは気がついたら3匹しか残っていませんでした。元気は良くていつも猛スピードで泳ぎ回っています。たまにエサをやるのですがあまり喜んでは食べませんね。自然発生するプランクトンや小虫を食べているのでしょうか…

続きを読む

クロオビスズメダイお迎えしました

こんばんは、松崎です。 失敗続きの海水魚水槽にまた魚をお迎えしました。 今度こそ死なせたくないので、飼育難易度の低い丈夫そうな子にしました。水合わせ中から元気に動き回り、早く出せと暴れています。 しかし今回はいきなり死なせるわけにはいかないので、たっぷり2時間水合わせして投入しました。クロオビスズメダイです。またまた小さな子供を選びました。 海水魚の雑誌なんか読んでいるとスズメダイは割と丈夫なので初心者向けとよく書いてあります。パイロットフィッシュにもなると聞いて、我が家の初の魚はカクレクマノミとシリキルリスズメダイでした。 しかし、シリキもカクレも一ヶ月で逝ってしまい、カクレは後日リベンジしたのが今も生き延びています。飼育8ヶ月経ちました。スズメダイはそれ以来のリベンジです。 スズメダイは青系のイメージが強いのですが、ナンヨウハギとカクレクマノミしか魚がいないので新しい色合いが欲しくて白黒が基調のこの子にしました。腹びれだけが青く光っていてとても綺麗な子です。 スズメダイなので性格は本来強気だと思うのですが、この子は臆病なのかほとんど隠れていて出てきません。餌の時間はわかるようでライブロックの裏で興奮気味にチョロチョロするだけでエサ取り合戦には参加しませんでした。 そして1週間後ようやく慣れてきたのか正面に顔出すようになりました。私が水槽に近づくとサッ!とライブロックに隠れるのですが、しばらく待つとゆっくり出てきてカクレとナンヨウハギと仲良く一緒に泳いでいます。 最後に動画…

続きを読む

ポリプテルスデルヘッジ 1ヶ月経過

こんばんは、松崎です。 ポリプテルスデルヘッジが1ヶ月経ちました。体長はそんなに変わらず、8cmくらいでしょうか。(この水槽の横幅が17cmです)体が若干太くなったような気がします。餌はミニキャットを朝晩で3粒ずつ。生き餌ではオトシンクルスを2匹食べました。何でもよく食べます。 ↓ 最近の動画です。IMG_1326.mp4 とにかくよく泳ぎます。痒がっているようにも見えるのが少し心配です。ポリプテルスの寄生虫(ポリプティ)かとも思ったのですが、よーく見ても見つけられないんですよね。 念のため薬浴しようかとも思ったのですが、ポリプは薬に弱いとの情報もあり迷ってしまいます。 海水水槽の水をすこし入れて塩水浴でもさせたら効果ありますかね。海水の比重は3.2%程度とのことなので、1/5に薄めれば約0.6%。寄生虫が殺せるかもしれません。 古代魚別の記事はこちらです。・ポリプテルスデルヘッジ・ブラックアロワナ・フラワートマン カテゴリ別の記事はこちらです。海水魚水槽古代魚水槽水草・熱帯魚水槽ビオトープ自作・商品紹介 ↓参加しています。よろしければお願いします。にほんブログ村

続きを読む

トランスルーセントグラスキャット追加

こんばんは、松崎です。 水草水槽に生体を追加しました。 先日のコケ取り部隊とは違い、今回はお魚です。 ↓ 新しく入ったのはこちら隠れてしまって見えないですね ↓ 少しアップでトランスルーセントグラスキャットを5匹です。 この魚は以前も入れていたのですが、透明でフヨフヨ泳ぐ姿が気に入っていたでリピートです。 ただ、以前のレイアウトでは結構正面に出てきて見栄えが良かったのですが、今回は流木の下に隠れたまま全然出てきてくれません。 ↓ 原因はおそらくこの子達ブルーエンゼル2匹です。 水槽に入れてから2ヶ月経ち、すっかりボスになってしまいました。最近は餌やり時に他の魚を追い払っていじめるようになっています。トランスルーセントグラスキャットは入れた瞬間にビビってしまい、導入後3日経ちましたが隠れたきり出てきません。 餌も回ってこないので食べられていないと思い、最近は餌のあげ方も変えました。最初水面に撒いてブルーエンゼル達ががっついている間に、水中にもばら撒いて彼らが隠れている流木の下まで餌が流れていくようにしてあげています。それでも隠れているのでちゃんと食べられているのかはわかりませんが、、 ただでさえコケに困っているのに、餌を撒き散らしてどんどん水質悪化していきます。 早く慣れて前に出てきてくれないかなぁ ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

最強のコケ取り部隊、カバクチカノコ貝投入

こんばんは、松崎です。 水草水槽がいよいよコケに覆われて手がつけられなくなってきました。ガラス面は毎日掃除しないとよく見えません。カメラもピントが合わせられない。 ↓ とりあえず正面のガラスだけ掃除した状態水草と溶岩石が緑のコケに覆われています 流木と機材には黒ひげコケがびっしり。 あまりにひどい状態なのでコケ取り生物舞台を投入することにしました。おなじみのオトシンクルスです。先日ポリプテルスに頭から飲み込まれて3匹→1匹に減ったので新たに4匹追加しました。 しかし、オトシンはそんなにバリバリこけを食べてくれる印象はありません。コケがこれ以上増えないように気休め程度です。 ↓ そして本命はこちら「最強のコケ取り貝」こと、カバクチカノコ(Lサイズ)です。店員さんに聞くとイシマキガイの5匹分以上だと言っていました。ショップでもエイなどの頻繁に手を入れたくない水槽にはカバクチカノコを入れておくと自然に綺麗になるとのことです。 さっそく入れてみました。葉っぱにかじりついています。 背中はこんな感じ。イシマキガイとあまり変わらないかな? 少しアップで見てみると、まるで葉っぱを食べてしまいそうな勢いです。目と口がはっきりしているんですね。かたつむりみたいです。 何かに似ているなと思っていましたが、ブログ書いていてふと気づきました。 こいつにそっくりです。 このコケにまみれた水槽をどこまで綺麗にしてくれるのか。期待大です。 ↓参加しています。よろしければお願いします。 にほんブ…

続きを読む