ブラックアロワナの水合わせについて。飼育に適したPH管理について

こんばんは、松崎です。 先日購入したブラックアロワナをいよいよ水合わせして迎え入れることになりました。 ここでまず、ブラックアロワナの飼育についておさらいですが 自然環境下ではブラックウォーターと呼ばれる淡水で生息しています。 ブラックウォーターとは河川で枯れ木や枯葉などから放出される成分が多分に含まれている状態で、見た目も…

続きを読むread more

ブラックアロワナを購入しました!

こんばんは、松崎です。 最近ずっと気になって調べていたブラックアロワナの幼魚、通称「ブラックアロワナベビー」を購入しました!(過去記事:ブラックアロワナベビーについて調べてみた) 7月というとベビーの出回る時期としてはもう終わりかけなので、ショップではだんだん見かけなくなってきています。 私はネットでは生態を購入したことがない…

続きを読むread more

ブラックアロワナベビーについて調べてみました

こんばんは、松崎です。 古代魚水槽を立ち上げて、最近よく考えていることは いろいろな魚を飼ってみたいが、いつかはアロワナに挑戦してみたい! しかしアロワナ挑戦のタイミングは「いつ」が一番良いのか考えてみると、実は遅くなるほど不利なんじゃないかと思い始めました。 私は淡水魚も海水魚もそうでしたが、魚は幼魚で購入して成長を楽…

続きを読むread more

120㎝水槽で飼育可能な、古代魚の混泳について考えてみた

こんばんは、松崎です。 先日、デルヘッジがようやく60㎝水槽に引っ越しました。まだ10㎝くらいのチビなので水槽が広くみえますね こうなると、早速新しい混泳相手を探したくなるのがアクアリストですよね。 飼いたい大型魚はたくさんいます。オスカー、ダトニオ、他のポリプたち、スネークヘッド、そしてアロワナ。他にも私の知らないマニアック…

続きを読むread more

ポリプテルスデルヘッジを60㎝水槽に移動しました

こんばんは、松崎です。 60㎝古代魚水槽の準備ができたので、デルヘッジを移動することにしました。 立ち上げてからの空回しはまだ1週間ほどですが、ろ材と種水は水草水槽からもらっているのでそろそろ大丈夫かと思います。 まずは2階の自室で準備していた水槽を玄関に移動しました。海水魚水槽を撤去してから空いており、しばらくさみしい状態でした…

続きを読むread more

蛍光灯とLEDの特徴と、水槽による使い分けについて

こんばんは、松崎です。 立ち上げ中の60㎝古代魚水槽に照明をつけました。 GEXの1灯型の蛍光灯です。 GEX クリアライト CL601 今回の水槽は60㎝スリムで上部フィルターを設置したためスペースが限られており、少し小型の1灯型蛍光灯にしました。 飼育するのは古代魚メインで考えているのでそんなに明るくする必要もなく、むしろ…

続きを読むread more

上部フィルターのろ材セットについて(外部フィルター2213との能力比較)

こんばんは、松崎です。 現在立上げ中の60㎝古代魚水槽濾過は上部フィルターを使うことにしました 今日はろ材をセットしていきます。今回使うのはこちらニッソー スライドフィルター600Sです。本来はフチなしのガラス水槽にはきちんと入らないので、フチ有り水槽で使うことをお勧めします。私は強引にスライド部分を引張ってなんとかひっかけています…

続きを読むread more

濾過フィルターの特徴と、上部フィルターが古代魚水槽に合う理由

こんばんは、松崎です。 立ち上げ中の60cm水槽ですが、上部フィルターを使うことにしました。 今回使用するのはこちらです。ニッソー スライドフィルター600S 上部フィルターを使うのは初めてなのですが、今立ち上げているのは古代魚の水槽なので、上部フィルターの特徴(メリット・デメリット)がぴったり合っていると思い選んでみました。 …

続きを読むread more

ガーネットサンドを敷いてみました

こんばんは、松崎です。 立ち上げ中の60cm水槽に、今回初めてガーネットサンドを使用することにしました。 【ガーネットサンドとは】・宝石のガーネットを細かい粒状にしたもの・比重が高く(粒が重く)舞い上がらない・水質に影響を及ぼさない・色が赤茶色で魚の色揚げ効果があるなどの特徴があるようです。 色揚げ効果があることから、古代魚・…

続きを読むread more