古代魚水槽立上げ(60cm)

こんばんは、松崎です。 2ヶ月前に初めて購入した古代魚のポリプテルスデルヘッジサイズはあまり変わりません、約9cmくらいでしょうか。 最初は水草水槽に入れたのですが、あっというまにオトシンクルスを飲み込んでしまったので慌てて立ち上げた隔離水槽に引っ越しています。(過去記事:ポリプテルスの隔離水槽)17cmキューブ水槽なのでさすがに狭そうだし、水量が4Lちょっとしかないので水質も心配です。 そこで、古代魚水槽を立ち上げて新居を準備しようと思います。スペックは以下のように考えています。 水槽水槽は余っていた幅60×奥20×高25のガラス水槽を使います。大型魚の水槽は幅と同じくらい奥行きが大事らしいので、本当は幅60×奥45×高40くらいが良いのですがまだデルヘッジも小さいのでしばらくはこれで大丈夫でしょう。 濾過今回は生体メインの水槽なので濾過は上部フィルターにしてみます。初挑戦です。ニッソー スライドフィルター600S組み合わせてみるとこんな感じです。上部フィルターはフチなしのガラス水槽だとしっかりはまらないのですが、NISSOはスライドするので強引に広げたらなんとか両端部の爪が引っかかりました。ガラス蓋はちょうど良いのが無く、円形がはみ出しています。これはガラスカッター買ってきて加工してみようかと思います。(その後の記事:上部フィルターろ材セット、ガラス蓋を切断加工してみました) 照明そして照明は少し迷っていますが、水草があるわけではないしそこまで明るいものは必要ないかと思います。…

続きを読む

海水魚水槽を畳みました

こんばんは、松崎です。 前回の記事で調子が上がってきたと書いたばかりの海水魚水槽突然ですがこの度、思い切って撤去することにしました。 海水魚に飽きたわけでは決してないのですが、今年に入ってから新しい生体を入れても入れても死なせ続けているのでさすがに自信が無くなりました。7匹入れて6匹連続亡くしてます。(過去記事:海水魚の飼育記録)本当はまだまだ飼ってみたい生体もたくさん居ます。ジョーフィッシュやエビ類、大型ヤッコも再挑戦したいし小型ヤッコも飼ってみたい。サンゴだってまだまだ知らない物ばかりです。 しかし家に置ける水槽にも限度があり、先日の電気代問題(過去記事:水槽の電気代について)もあったりで、あちこち手を出しすぎているためここらで何かをひとつ諦めなければいけかなかったのです。 以前、我が家の水槽状況を説明しましたが(過去記事:我が家の水槽状況) 現在我が家には水草水槽、海水魚水槽、古代魚隔離水槽、ビオトープとしての睡蓮鉢の4つがあります。水草水槽はリビングでインテリア的な意味で置いています。海水水槽は玄関にウェルカム水槽として置いています。この2本はずっと維持しようと思っていたのですが、少し予定外だったのが古代魚を購入した事です(過去記事:古代魚に手を出しました)ポリプテルスデルヘッジをお迎えしたのですが、この魚は2階の自分の部屋でひっそりと単独飼育しようと思っていました。デルヘッジはあまり大きくならないので単独飼育なら60cmでもなんとか可能らしいです。しかし 知れば知るほ…

続きを読む

石灰藻について

こんばんは、松崎です。 最近、海水水槽にようやく変化が訪れました。ライブロックに少し増えてきたんです。 もっとアップで見るとそう、石灰藻です! 購入したてのライブロックにはたくさん付いていて真っ赤でしたが、うちの水槽に入れてから段々と消えて行き1ヶ月後には完全になくなりました。それから9ヶ月見ることもなくすっかり忘れていましたが、久しぶりに見ることができました。 ようやく水槽が安定してきたのかと喜んでいたのですが、そもそも石灰藻ってなんなのか知らなかったので今回調べてみました。 【石灰藻】セッカイソウ~細胞壁に石灰質物(炭酸カルシウム)を分泌または沈着している藻類に与えられた総称~ いろいろなサイトやアクア雑誌を読んだのですが専門的すぎて詳しいことはよくわかりませんでした。(化学式や元素記号が苦手です) ただ、なんとなく共通して書いている石灰藻が増えていく特徴としては ・KH、カルシウム、ヨウ素などの微量元素のバランスが良い・リン酸塩や硝酸塩などの栄養塩が少ない  ということかと思います。ミドリイシの飼育条件に少し近いのでしょうか? いずれにしても水質が前よりは良くなったと考えても良いと思います。 私の水槽で最近の心当たりはこのふたつ ①プロテインスキマーをエアーリフトからベケット式にパワーアップしたあとはリング濾材を減らしてドライボール中心に切り替え中なのですが、ドライボールがまだまだ立ち上がっていないので結果的にプロテインスキマー中心の濾過になって硝酸塩が減った…

続きを読む

サイフォン式オーバーフロー その後

こんばんは、松崎です。 海水水槽 サイフォン式オーバーフローのその後についてです。 今まで16φの塩ビ管でオーバーフロー管を作成して使っていました。詳しくは過去の記事でシステムを解説しているのでまずはこちらを見てください。(過去記事:サイフォン式オーバーフロー自作と解説) 設置してから約半年、順調に可動はしていたのですが5月にクーラーを設置した事で流量がかなり落ちてしまいました。クーラーはニッソーのアクアクーラー20です(過去記事:クーラーを設置しました) 揚水ポンプはエーハイムのコンパクトオン1000を使っていました。エーハイム コンパクトオン 1000 (50Hz) ろ過に有効な流量は「1時間で総水量が10回転」するくらいの流量が必要だと必要と言われています。私の水槽の総水量は64Lなので640L/時が必要になります。そう考えるとコンパクトオン1000を使っている時点で不足気味(揚程が1.3mほどあるため)だったのですが、クーラー接続で流量が落ちたとこで、さらにろ過能力が不足してしまい、せっかくオーバーフローさせている意味がなくなってしまいます。 また、流量が落ちることでもうひとつ問題があって、私のシステムだと排水口のディフューザーから管内の空気を抜く様にしているのですが、水圧が弱いと全然空気を吸わないので管内に空気が溜まっていく=サイフォンが切れてしまうのです。 ↓ 以前解説したサイフォンが切れない理由 上記のポイント①が有効でなくなるのです。 実際一度それで水槽の水位が…

続きを読む