ボタンポリプをお迎えしました

こんばんは、松崎です。

先日バブルディスクを購入した際に、ショップのお兄さんにボタンポリプをおまけでいただきました。

IMG_4157.jpeg

見た目は大粒のマメスナのようですが、形状で違うのは茎(枝?)の部分が長くてひと粒ひと粒が独立している感じです。

少しキノコっぽい形ですね。


ボタンプリプの事をよく知らなかったので、温度合わせしている間にいろいろ調べてみました。


ボタンポリプの特徴をまとめてみましたが、ほぼマメスナと同じ感じですね。

さほど強い照明は必要ない

さほど強い水流は必要ない

水質変化には割と対応できる

給餌の必要は無いが与えれば食べる

つまり難しいサンゴでは無いという事ですかね。


分類としてはソフトコーラルに属するようです。



割と早いペースで増殖もするようですので、私のような立ち上げたばかりのスカスカの水槽にはもってこいですね。



広告



我が家の水槽に導入した直後の様子はこちら

IMG_4116.jpeg

最初は委縮してしまい、しばらくはこんな感じでした。


そして数時間で開き始めました。


IMG_4126.jpeg

マメスナよりも全体的にぽっちゃりしていて肉厚な印象です。

小さな枝状のライブロックについてきたのでとりあえず底砂に直置きしましたが、ライブロックの塊に固定して横に広がってくれたら迫力出てきて良いですね。

色が地味な茶色に見えますが、ショップではオレンジ系に光っていたので家の照明器具の問題なんだと思います。

照明の知識が全然無いのでよくわからないんですが、サンゴをオレンジに発色させる波長の光を追加してあげれば一気に見栄えが良くなるんだと思います。

ちゃんとした照明を準備できるまで、地道に数を増やして楽しみに待ちたいと思います。


ウミアザミバブルディスクに次いでこの水槽に新たなサンゴが仲間入りしました。

IMG_4189.jpeg

IMG_4124.jpeg
IMG_4167.jpeg


海藻のウミブドウやタカノハヅタもだんだんとボリュームが増えてきて、少しずつ賑やかになって来ました。



今回立ち上げている水槽のコンセプトなんですが

前やっていたような青くてムーディーな印象ではなくて、浅場の海ような白くて明るい水槽にしようかと思っています。


30㎝キューブなのでもともと大きい魚は飼えません。

ヨコエビや微生物を中心に食べるような小さい魚だけを数匹入れて、海藻サンゴ微生物がごちゃごちゃと同居するような、リフジウム的なメイン水槽にしてみようかと思います。


それでは、また。



カテゴリ別の記事はこちらです。


↓参加しています。よろしければお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

この記事へのコメント