ライブロックを接着してレイアウト!ホールドファストを使ってみました(大苦戦…)

こんばんは、松崎です。

少しずつ安定してきた(?)ような気がする海水水槽にそろそろ生体導入といきたいのですが

その前に

ライブロックをきちんとレイアウトしておくことにしました。

水槽が30cmで小型なので、生体入れてからあーだこーだとかき回したくないですしね。


とういうわけでライブロックを固定する接着剤を探したところ、ジェルタイプ粘土タイプの大きく2種類のタイプがあるようです。

どちらもサンゴをライブロックに接着する事を目的としていると思いますが、今回は大きめのライブロック同士をがっちり接着したいので粘土タイプにしました。

購入したのはこちらです



がっちり系の粘土タイプで水中でも使えるのが良いと思いました。



ではさっそく開封してみます。

IMG_4256.jpeg

全体はパープル色です。石灰藻がちゃんとある水槽だと紛れて目立たなくなるようですね。

先端にあるアルミ蓋を取ると


IMG_4258.jpeg

芯は色違いでグレー色の粘土が入っていました。この2色の粘土が混ざり合うと硬化が始まるようですね。


IMG_4260.jpeg

とりあえず試しにひと欠片ちぎってみました。


IMG_4261.jpeg

練り混ぜてみます。最初は結構固めですが練っているとだんだんと柔らかくなってきます。


IMG_4262.jpeg

30秒ほどしっかりと練り混ぜます。結構指に油が付いて臭いも少しあります。


説明書によると混ぜてから7分で硬化が始まり、30分で完全に固まるようです。


では、これを使ってライブロックを固定していきます。


広告



現状の水槽はこんな感じです。

IMG_4246.jpeg

こぶしくらいの大きさのライブロックが4つと小さめが4つ、無造作に底砂に置いてあります。


今回は少し立体的に積み上げて高さを出したいのと、隙間を多くして水の通りを良くしたいというのが目的です。


まずはライブロックを取り出して、これを底砂に仕込みました。

IMG_4253.jpeg

100均に売っている猫避けのトゲトゲです。


IMG_4254.jpeg

これを手頃なサイズに切って底砂に埋め込みます。


IMG_4255.jpeg

ライブロックを少しでも底砂から浮かせて水通りをよくするのが狙いです。

結構ライブロックの下は止水域になり、嫌気層(酸素が不足)になりやすいと聞いたので、このタイミングで入れておきました。



ではレイアウト作業に入ります。



が、



思った以上に大苦戦だったので写真撮れませんでした。


そして仕上がったのがこちら

IMG_4263.jpegIMG_4266.jpeg

水槽の右上に海藻もっさりライブロックを持ち上げました。土台は穴の多い大きなライブロックを立てたので水通しが良くなりました。



右側面から見るとこんな感じ。

IMG_4264.jpegIMG_4265.jpeg

ライブロック同士の接触点に粘土を挟み込む形で入れました。


大苦戦した理由はなかなかコツが掴めなかったことですね。

しばらくやっていてわかったのですが、このホールドファスト自体には接着能力はほとんどありません


ボンドや接着剤のようにくっつけた面を接着させるのでは無く、あくまで固まる粘土という感じです。


ホールドファストで周りを包み込んで固めていくという方法でやれば良いことがわかりました。



苦戦してかき回している間に水槽は濁りが大変なことになりました。

IMG_4267.jpegIMG_4268.jpeg

プロテインスキマーも久々に噴火してしまいました。

少し落ち着かせるために一度中断し、左側は翌日作業としました。



広告


それでは向かって左側を進めていきます。

IMG_4283.jpeg

今は余ったライブロックを放り込んでいますが、持ち上げて通水性を良くしていきます。



IMG_4323.jpeg

細長いライブロックで持ち上げてアーチ状にしてみました。


IMG_4324.jpeg

前回の教訓で学んだので外側から包み込むようにホールドファストを押し込みます。

そしてもうひとつのコツは、一度に大量につけるのではなく少しずつ塗り重ねていくことです。

固まり具合を見ながら弱そうなところに補強していく方が使用量も節約出来るし、結果的に固定も上手くいきます。



時間を置いて先ほどのところに上塗りします。

IMG_4377.jpeg

良い感じにがっちりしました。


昨日接着した右側も上塗りして固めていきます。

IMG_4376.jpeg

隙間にギュウギュウ押し込んだので、指紋までくっきり付いてしまったのが少し気になりますが



IMG_4378.jpeg

レイアウト完成です!

当初のイメージほど立体感は出ませんでしたが、高さは出たし通水性は良くなったのでまずまず成功です。

ホールドファストの色がかなり目立っていますが、石灰藻がだんだん増えてくれば馴染んでくると思うのでこちらは経過観察ですね。


広告



最後におまけです。

数日後、右下に配置していたボタンポリプがマガキ貝のイタズラで落下したので、残ったホールドファストで固定しました。

IMG_4399.jpegIMG_4400.jpeg

こうやってサンゴをライブロックに付けるのが本来の使い方なんでしょうね。

ほんの少しの量でもしっかりと固定できました。


最後に今回のレイアウトで使用したホールドファストの量はこちらです

IMG_4397.jpeg

全体の2/3くらいの使用量でした。初日に勝手が分からず無駄遣いが多かったので、ちゃんと使えば半分くらいでも出来たと思います。もともと安目の商品なのでコスパはかなり良いんじゃないでしょうか。

今回はライブロック固定で大量に使いましたが、サンゴの固定だけで使っていれば1本あれば結構使えると思います。





以上、ホールドファストの使用感レビューでした。



それでは、また。



カテゴリ別の記事はこちらです。


↓参加しています。よろしければお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

この記事へのコメント