キッカサンゴをお迎えしました。グリーンのギラギラ系サンゴです。

こんばんは、松崎です。

海水水槽にキッカサンゴをお迎えしました。

021E878B-A7CC-4808-AC6D-1D47946E3C03.jpg

キッカサンゴとはこんなサンゴ

キッカサンゴは分類でいうとハードコーラルの中のLPSに分類されるようです。

ソフトコーラルよりは難しいけど、SPSよりはやや飼育しやすいのかもしれませんね。


ハードコーラルなのでそれなりの設備は必要ですが、SPSに比べれば水流・照明・硝酸塩蓄積等もシビアではなさそうです。

形状は平べったくてライブロックに張り付くように広がっていくタイプです。

ハードコーラルなので骨格があるのだとは思いますが剥がして裏側を見てみないとわかりませんね。平べったい骨格があるのかもしれません。


見た目はコモンサンゴに少し似ています。



うちもウスコモンを12月に入れました↓

IMG_0303.jpeg

いまいち調子が上がらずで、若干足元が白化しました。それ以上白化は進行していませんがいつダメになるかとヒヤヒヤしています。


同時にお迎えしたミドリイシも完全に白化させてしまったので、SPSはこの水槽ではまだ無理なんだと諦め、LPSサンゴに挑戦していくことにしました。

~過去記事~

広告



お迎え初日の様子

ショップでなにか良いLPSはないかなとウロウロしていて、フラグコーナーにギラギラと輝くキッカサンゴを見つけました。

フラブを覆いつくすくらいのサイズで1800円と比較的安く、見た目のギラギラが恰好良かったのでこれに決めました。


お持ち帰り後、温度合わせだけして水槽にINしました。

IMG_0564.JPEG

ショップでのギラギラがうちの照明で再現できるか心配でしたが、それなりに雰囲気は出ています。


021E878B-A7CC-4808-AC6D-1D47946E3C03.jpg

メインはパープル系えポリプ先端が蛍光グリーンに光っています。

思った以上に良い感じで、まだスカスカな水槽のアクセントになってくれています。この雰囲気を維持したまま広がっていってくれると良いんですが。

ちなみにわが家の照明はこちら



あわせて60Wの貧弱装備ですが、LPSならなんとか飼育できると祈るしかありません。


3週間後の様子

お迎えから3週間経ったので同じアングルで撮影してみました。

4C4A7B8B-0C97-4BD6-AFB9-34BF0760870F.jpg

IMG_0565.JPEG

若干グリーンが減ったようにも見えますが、まだまだギラギラ感は残っています。

照明が合わないと結構色飛びするサンゴだと書かれていましたが、どうやらうちの照明でも維持できそうです。


成長はまだわかりませんが、少しだけフラグの下部からライブロックに向かって裾が伸びてきています。


少なくともこの1か月で衰退はしていないので、お迎えはとりあえず成功したといってよいのではないでしょうか。

広告



青色照明のみつけてみると

ギラギラ系を満喫しようと思い、1週間ほど照明をブルーのみにしていました。

IMG_0601.JPEGIMG_0602.JPEG

蛍光グリーンがかなり反応してくれるので、怪しく光り輝きます。

良いですね。最近うまくいっていなかった海水水槽ですが、久々に満足できたサンゴのお迎えでした。


LPSに興味が出てきたので、今後はこっちの方向でリーフタンクを進めていきたいと思います。

それでは、また。




↓参加しています。よろしければお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

この記事へのコメント