古代魚水槽立上げ(60cm)

こんばんは、松崎です。 2ヶ月前に初めて購入した古代魚のポリプテルスデルヘッジサイズはあまり変わりません、約9cmくらいでしょうか。 最初は水草水槽に入れたのですが、あっというまにオトシンクルスを飲み込んでしまったので慌てて立ち上げた隔離水槽に引っ越しています。(過去記事:ポリプテルスの隔離水槽)17cmキューブ水槽なのでさすがに狭そうだし、水量が4Lちょっとしかないので水質も心配です。 そこで、古代魚水槽を立ち上げて新居を準備しようと思います。スペックは以下のように考えています。 水槽水槽は余っていた幅60×奥20×高25のガラス水槽を使います。大型魚の水槽は幅と同じくらい奥行きが大事らしいので、本当は幅60×奥45×高40くらいが良いのですがまだデルヘッジも小さいのでしばらくはこれで大丈夫でしょう。 濾過今回は生体メインの水槽なので濾過は上部フィルターにしてみます。初挑戦です。ニッソー スライドフィルター600S組み合わせてみるとこんな感じです。上部フィルターはフチなしのガラス水槽だとしっかりはまらないのですが、NISSOはスライドするので強引に広げたらなんとか両端部の爪が引っかかりました。ガラス蓋はちょうど良いのが無く、円形がはみ出しています。これはガラスカッター買ってきて加工してみようかと思います。(その後の記事:上部フィルターろ材セット、ガラス蓋を切断加工してみました) 照明そして照明は少し迷っていますが、水草があるわけではないしそこまで明るいものは必要ないかと思います。…

続きを読む

ポリプテルスデルヘッジ 1ヶ月経過

こんばんは、松崎です。 ポリプテルスデルヘッジが1ヶ月経ちました。体長はそんなに変わらず、8cmくらいでしょうか。(この水槽の横幅が17cmです)体が若干太くなったような気がします。餌はミニキャットを朝晩で3粒ずつ。生き餌ではオトシンクルスを2匹食べました。何でもよく食べます。 ↓ 最近の動画です。IMG_1326.mp4 とにかくよく泳ぎます。痒がっているようにも見えるのが少し心配です。ポリプテルスの寄生虫(ポリプティ)かとも思ったのですが、よーく見ても見つけられないんですよね。 念のため薬浴しようかとも思ったのですが、ポリプは薬に弱いとの情報もあり迷ってしまいます。 海水水槽の水をすこし入れて塩水浴でもさせたら効果ありますかね。海水の比重は3.2%程度とのことなので、1/5に薄めれば約0.6%。寄生虫が殺せるかもしれません。 古代魚別の記事はこちらです。・ポリプテルスデルヘッジ・ブラックアロワナ・フラワートマン カテゴリ別の記事はこちらです。海水魚水槽古代魚水槽水草・熱帯魚水槽ビオトープ自作・商品紹介 ↓参加しています。よろしければお願いします。にほんブログ村

続きを読む

ポリプテルスの隔離水槽立上げ

こんばんは、松崎です。 先日、ポリプテルスデルヘッジがお友達を食べていることが発覚したので、急遽隔離水槽を立ち上げることにしました。 家にあった余り物をかき集めました。 ↓ 水槽はこちらプラスチックの17cmキューブ水槽。たぶん始めて金魚すくいした時に一緒に買った初めての水槽です ↓ 濾過はこちらテトラ  外掛けフィルター  AT-20 ↓中にリングろ材を詰め込みます綺麗に入れたら結構入りました。写真は無いですがこの上にウールマットを載せています。 ↓ ついでに吸水部分に余っていたスポンジフィルターをつけました。 ↓ 照明はこちらテトラ  LEDミニライト。偶然ですがこちらもテトラ製 ↓ そのおかげか蓋もピッタリ! ↓ さっそく水入れして隔離しました。設置場所はメイン水槽の隣。底砂は余っていた田砂。レイアウトに小さな気孔石と水草少し入れときました。 怯えているのか後ろに隠れています。 よく見ると昨日飲み込んだオトシンがまだ消化されずにお腹膨らんでいます。背景に配線やらなんやらが丸見えなのでバックスクリーンを作ります。 ↓ 100均で買った黒い下敷き。 ↓ 少しそれっぽくはなりました。まあこの水槽ではすぐに手狭になるはずなので、ちゃんとした古代魚水槽を準備していこうと思います。 古代魚別の記事はこちらです。・ポリプテルスデルヘッジ・ブラックアロワナ・フラワートマン カテゴリ別の記事はこちらです。海水魚水槽古代魚水槽水草・熱帯魚水槽ビオトープ自作・商品紹介 ↓参…

続きを読む

ポリプと熱帯魚の混泳はダメでした

こんばんは、松崎です。 先日 水草水槽を覗くと恐ろしい光景を目の当たりにしました。 気分を害されるかもしれませんので、お魚愛好の方は見ないほうが良いかもしれません。 ↓ (注意)ショッキングな写真が出てきます ↓ ポリプテルスデルヘッジが魚を丸呑みしていました。 おそらく食べられているのはこの子入れたばかりのオトシンクルス。 飲み込む途中で止まっていたのでまだ間に合うかと思い救出しようと試みました。デルヘッジを網で捉えてオトシンの尻尾をピンセットでつまんで取ろうとしたのですが、すごい力でくわえ込んでおり引っ張り出せませんでした。大暴れしながら跳ね回って逃げるので、可愛そうですが諦めました。 まだまだ小さく、先住の熱帯魚達と仲良く泳いでいると思っていましたが、やはり子供でも肉食魚を甘く見てはいけませんでしたね。熱帯魚水槽での混泳はNGでした。3匹入れたはずのオトシンが1匹しか見当たりません。すでに1匹呑まれていたのかもしれません。 実は前日にはラミーノーズテトラの腹がボロボロになって沈んでいたのです。(エビ達に囲まれてひどい状態だったので流石にそっちは写真ありません)これも今思えば、間違いなくデルヘッジの仕業ですね。 これから大急ぎで隔離水槽を用意する必要があります。 古代魚別の記事はこちらです。・ポリプテルスデルヘッジ・ブラックアロワナ・フラワートマン カテゴリ別の記事はこちらです。海水魚水槽古代魚水槽水草・熱帯魚水槽ビオトープ自作・…

続きを読む

ポリプテルスの外鰓について

こんばんは、松崎です。 ポリプテルスが来てから1週間が経ちました人工の粒餌(キャットのミニ)もしっかり食べてくれるし、他の魚ともケンカもせずまずまず順調です。たまーに痒がるそぶりが見られるのだけが少し心配です。 ポリプテルスはウロコが丈夫なので白点病や皮膚病にはなりにくいようですが、ポリプテルスにだけ寄生する寄生虫がいるそうです。この子はブリードだと聞いていたので考えていなかったのですが、ショップの水槽には他種のポリプが何匹か入っていたのでもらっている可能性はあるかもしれません。あまり酷くはなさそうなのでもう少し様子みて考えようと思います。 しばらく観察して気づいたのですが、胸鰭の上に耳のような触手のようなピンク色の突起があります。体の色とあまりに違うのでケガしたのかと思って焦りましたが、これは外鰓(ソトエラ)というそうです。(ポリプ飼う人には常識?) 少し調べてみたところ外鰓はポリプテルスの幼魚にはみんな有り、成長して肺が発達し始めると肺と内鰓で呼吸するようになり外鰓はだんだんと無くなっていくそうです。この外鰓が有ることからポリプは魚類→両生類に進化する段階の魚と言われているようです。 ウーパールーパーやサンショウウオも外鰓を持っています、ウーパールーパーは6本くらいありますね。カエルもオタマジャクシとして生まれてすぐは外鰓があるそうですが、すぐに消えて内鰓でのエラ呼吸→肺呼吸に変わっていくそうです。 さすが古代魚って感じですね、ますます興味が沸いてきました。今後も少しずつ勉強しなが…

続きを読む

古代魚に手を出しました

こんばんは、松崎です。 水草水槽に新しい仲間が加わりました。水合わせの様子 こちらです!とうとうこいつに手を出しました。 古代魚です!【ポリプテルス・デルヘッジ】上顎系ポリプ体長:30~40cm程度性格:神経質、少し臆病?餌 :肉食、植物系も好む、人工飼料もOK 詳しくは全然知らないのでこれから覚えていこうと思いますが、古代魚というジャンルにはずっと興味がありました。アロワナやガーやオスカーなんかもショップに行くたびに眺めていました。しかし購入に至らなかったのはやはりサイズとコストですね。どうしても90cm~120cmの水槽が必要になってくるでしょうし、餌なんかも虫やらカエルやら小魚やらになってくるので餌代が高いだけでなく水もどんどん汚れて水換えが大変そう。しかし、お店を見ている中で小さい古代魚がいることもわかってきました。バタフライフィッシュやブラックゴースト(古代魚なのかな?)や小型のオスカーやポリプテルスです。最後まで悩んだのはポリプテルスとオスカーですが、やっぱり恐竜感が漂う外観に惹かれて小型ポリプテルスの購入に至りました。 ポリプテルスは魚類から両生類に進化する段階のまま、現在に至るようです。そのためエラ呼吸と肺呼吸の両方が可能とのことです。水温や水質の変化にも強いようですが、寄生虫につかれると病気にはなるようです。 まだ子供なので6cmくらいしかありません。デルヘッジは体の柄に個体差が大きく、ブリード個体だとほとんど模様のないものが多く出回っている気がし…

続きを読む