"自作・商品紹介"の記事一覧

ディフューザー式プロテインスキマー(自作)のレビュー

こんばんは、松崎です。 エーハイムのディフューザーを使って自作したプロテインスキマーを使い始めて2ヶ月が経ちました。 使ってみた感想と改善点をまとめました。 まずはどんな仕組みのプロテインスキマーかといいますと こんな形状をしています。 使用しているのはこちら二つの商品↓ エーハイム コンパクトオン 1000 (…

続きを読むread more

ガラス水槽にフタ受けのフランジを自作しました。地震+蒸発の対策として

こんばんは、松崎です。 一般的なガラス水槽に後付けでフランジ加工をしてみました。 水槽のフランジとはこんなものです アクリル水槽 フランジ付き アクリル水槽にはだいたい付いていると思いますが、このフランジが有ると水槽のフタを乗せたり上部フィルターなんかを乗せる事が出来ます。 フランジを取付けるメリットは主にこの2つです。 …

続きを読むread more

太陽光管理は順調です!サンゴや海藻の様子を紹介します。

こんばんは、松崎です。 我が家の海水水槽は昼間は太陽光に当てています。 理由はサンゴを飼育できるようなちゃんとした照明器具を持っていないからなんですが。 これがなかなか調子が良いので、その様子を紹介したいと思います。 普段は昼間仕事に行っているので、その間は窓ガラスの目の前に水槽を置いてカーテンを開け日光が当たるようにし…

続きを読むread more

ライブロックを接着してレイアウト!ホールドファストを使ってみました(大苦戦…)

こんばんは、松崎です。 少しずつ安定してきた(?)ような気がする海水水槽にそろそろ生体導入といきたいのですが その前に ライブロックをきちんとレイアウトしておくことにしました。 水槽が30cmで小型なので、生体入れてからあーだこーだとかき回したくないですしね。 とういうわけでライブロックを固定する接着剤を探したところ、ジェ…

続きを読むread more

アイリスオーヤマLEDを水槽照明に使ってみる

こんばんは、松崎です。 照明がまだ準備できていない海水魚水槽 とりあえずエーハイムの真っ青なミニLEDを使っています エーハイム LEDライト  7W BBB  写真でも真っ青ですが、肉眼でも似たようなものです。 フルスペクトルのシステムLEDが欲しいんですが、そんな資金も無いため購入に至りません。 とりあえずでスポット…

続きを読むread more

はじめてのアクリル加工。スキマーポンプのケースを作りました

こんばんは、松崎です。 現在立上げ中の海水魚水槽 自作のディフューザ式プロテインスキマーはなかなか順調です。 稼働して2週間ほど経過しましたが、汚れの取れ具合はこんな感じです。 筒にはべったりと汚れが張り付き、カップにも少しですが汚水が溜まってきています。 思ったより良い仕事してくれていますね。 しかし最…

続きを読むread more

自動給水装置を100均材料で自作しました。簡単に出来る作り方と仕組みを解説

こんばんは、松崎です。 最近寒くなってきたので、水槽の蒸発も早くなってきました。 淡水の水槽は大きな被害はないのですが、海水水槽は比重の変化激しくなるのでやっかいです。 特に今回は30cmキューブの小型水槽なのでなおさらです。 そこで自動給水装置を自作してみることにしました。 まずは試作なので、材料を100均で集めてみ…

続きを読むread more

フィッシュレットをバラバラにしてみました!仕組みを解説します【写真多め】

こんばんは、松崎です。 古代魚水槽にフィッシュットを導入しました。 フィッシュレットとは主に大型魚などの水槽に使われるエアリフト式のフィルターで 特徴としては糞をダイレクトに集める機能を持っている事です フィッシュレットの形状はこんな感じです ↓  アクア工房 フィッシュレット エアポンプ(別売り)を接続して…

続きを読むread more

究極の照明器具は太陽!?直射日光で水槽を管理できるか試してみる

こんばんは、松崎です。 先日立ち上げた海水魚水槽に、おまけ沢山のライブロックを投入しました ライブロックにおまけでついていたのはこちら (過去記事:おまけ付きライブロックを購入しました) ウミブドウやタカノハヅタを中心とした海藻と、後日発見した謎のイソギンチャク さらにライブロック付きのサンゴ、ハンガササンゴまった…

続きを読むread more