水槽用クーラーを検討する

こんばんは、松崎です。 だんだんと暖かくなってきたので、水槽用クーラーの購入を検討しています。 昨年夏の時点ではまだ海水水槽は始めておらず、水草レイアウト水槽だけでした。 水草レイアウト水槽は60cmワイドなので水量約70L。昨年は冷却ファンだけで乗り切りました。 ↓ ジェックス アクアクールファン リビングに設置していたのですが8月は水温が30℃近くまで上がり、かなり過酷な環境になったので慌ててファンを購入しました。気休め程度かと思いましたが思いのほか水温が下がり27℃程度をキープできていました。 しかし水温は下がるのですが、難点は音と蒸発ですね。センサーがついているわけでもないので常時動いており、ビーンという高めのモーター音がテレビ見ていると気になるくらいの音でした。そして水の蒸発も半端じゃなかったです。毎日1~2L程減っていくので、1週間放置するとバケツ1杯じゃ足りませんでした。 魚や水草には影響がなかったので管理をちゃんと今年の夏も頑張れば乗り越えられなくもないです。 問題は海水水槽ですね。海水魚やサンゴは淡水よりも水温の変化に敏感との事なので27~28℃までの上昇でも調子を崩しそうです。また、冷却ファンであんなに蒸発されると比重の変化も大きいですし、蒸発→足し水を毎日繰り返すのも水質変化が大きすぎます。 という事で今年も水草レイアウト水槽は冷却ファンで乗り切り、海水魚水槽用にクーラーを購入することにしました。 まず検討すべきは容量ですね。意外といろんなメーカーからクーラ…

続きを読む

醗酵式CO2添加方法

こんばんは、松崎です。 水草ストック水槽を整理している途中ですが(過去記事)水槽立ち上げまでの間、水草の状態を少しでも維持する為にCO2添加をしておきます。 しかしソイルも捨ててしまったし、あくまで仮の状態なのでボンベを使うのはもったいない。ということで、醗酵式CO2でとりあえずお茶を濁すことにしました。 以前グッピー水槽の時に醗酵式をやっていたので道具は揃っています。 ↓ ペットボトルのキャップに穴を開けてエアーチューブを通したものを作ります。 以下、作り方を簡単にご紹介。 ↓ グラニュー糖(100均) ↓ これを100g使いますなければ普通の砂糖でも可能だそうです。(やったことないけど) ↓ これをさっきのペットボトルに入れますじょうごを使うと簡単に入ります。これも100均だったかな。 ↓ いちいち100g計るのが面倒なので、今後のためにテープで印をつけておきますこうしておくと次回は印までグラニュー糖を入れれば良いので楽チンです。家に計りがない人はこの写真を参考までに。爽健美茶のペットボトルでだいたいこれくらいです。 ↓ そしてイースト菌100均だったかスーパーだったか忘れましたがこれも数百円で買えます。使い終わったら冷蔵庫で保管したほうが良いそうです。 ↓ これはだいたいですが、水面にパラっと広がる程度。 ↓ そして蓋してよくシェイクしたらしばらく放置します ↓ 翌日の様子写真だとわかりずらいですが、しっかり気泡が出てきました。IMG_0771.mp4 今…

続きを読む

マメスキマー自作と解説

こんばんは、松崎です。 水槽を立上げながらシステムを紹介しています。↓過去の記事前回の経緯バックスクリーン貼り底面フィルターからの殺菌灯サイフォン式オーバーフロー解説 マメスキマーの自作を説明します。 説明しますって程 大した内容ではないのですが。 ↓ これが本家ですねマメデザイン (Mame Dezain) マメスキマー3 (mame skimmer3) プロテインスキマー - ウッドストーンに空気を送って微細な気泡をたくさん作り、粘土の高い泡のみを排出するエアーリフト方式ですね。 この仕組みを断面で書くと こんな感じですね。ウッドストーンはその名のとおり木で出来ており木の目が有るので、4面のうち 対になる2面からしか気泡が出ません。その為 気泡が出る2面は水流が上昇し、逆に気泡の出ない2面は下降します。 ↓ 私のイメージでは 水の出入り口が一箇所しか無いので、綺麗になって降りてきた水が何度も循環してしまうような気がします。(気がするだけかもしれませんが)まぁ水流ポンプで水が常に動いていればそんなに気にしなくて良いのかもしれませんが。 ↓ そこで、上部に出口を作りました こうすれば水が下から入って上から出るので効率が上がるような気がします ↓ 実際作ってみました。 作りが雑ですみません。しかも2ヶ月間使ったので汚れています。 材料は東急ハンズのDIYコーナーにアクリル品で150円で売っていました。ホースも150円くらいだったと思います。他は家にあった…

続きを読む

サイフォン式オーバーフローシステム解説

こんばんは、松崎です。 水槽システム紹介の続きです。 今回は自作したサイフォン式オーバーフローシステムを紹介します。 すでに様々な方がブログやyoutubeで紹介しているので、一番うちに合っていそうなシステムを選んで改良しました。 うちの水槽は玄関の下駄箱の上にあります なので真下にはオーバーフローは抜けず、濾過層も下駄箱横に置いてあります 水槽を横抜き加工しようかとも思ったのですが、ダイヤモンドビット買うと高いし一度しか使わなそうなのでサイフォン式にしました。 とにかく「水漏れトラブルしないように」が絶対条件で先人たちのブログやyoutubeを拝見させていただいて勉強しました。ポンプのON・OFFでサイフォン切れしないでちゃんと自動復旧する方法はあまり選択肢がなくやはりダブルサイフォンが王道だとは思ったのですが、玄関の水槽なので塩ビ管が目立つのがどうしても嫌でした。 ↓ なのでドイツ(だったと思います)のなんとかさんが考えたこちら方法を採用しました。 この方法は日本人の方が再現し、ブログで説明されていたのを拝見させていただきました。ただ、エアーパイプとディフューザーで強制的にエア抜きするのはマメオーバーフローを真似させてもらいました。(再現された方はたまに口で吸うと書いていました、男らしいですね) ↓ それではシステムの説明です。 材料は塩ビ管16φです。最初13φで作ってみたのですが流量が少なくイマイチだったので16φの方が良いです。①部分に呼び水を入れ塩ビ内の空…

続きを読む

底面フィルターからの強制殺菌灯

こんばんは、松崎です。 海水魚水槽リセット→立ち上げ直しの続きです。前回の経緯バックスクリーン貼り バックスクリーンも貼れたので、いよいよリセット開始です。 バケツに飼育水を移して、魚たちとライブロックを移動しました。 かなり苦戦しました。特にナンヨウハギが逃げ回り、結局デトリタスまみれになりながらなんとか捕まえました。白点が出ないかものすごく心配です。 白点病は立上げ直後にかなり悩まされ、カクレクマノミ、シリキルリスズメを亡くしたことがあります。とにかく丈夫だと言われて初めて買った魚が、あっさり白点で亡くなったのでものすごくショックでした。 そして考えたのがこのシステムです。 白点病は魚から離れると、底砂で分裂しながら増えると聞いたので 底面フィルターから飼育水を吸い上げて殺菌灯に持っていき、強制的に殺菌します。 サンゴ砂をいじった時に菌が舞う前に底面フィルターに吸い込まれるのがねらいです。 まだいないのですが、底物の魚を入れて砂を撹拌してくれれば殺菌効果は倍増されると信じています。 ↓殺菌灯はこちらにしましたカミハタ CCL 殺菌河童フィルター - 殺菌河童です。 ターボツイスト9Wとかなり悩んだのですが殺菌灯の寿命40,000時間に惹かれてこちらにしました。 24時間つけっぱなしにするとこれだけ寿命が違います。・ターボツイスト9W  8,000時間 =  333日・殺菌河童       40,000時間 =1,666日 外掛けというのも設置場所的にちょうど良…

続きを読む

バックスクリーン貼り

こんばんは、松崎です。 60cmスリムのハイ水槽が手に入ったので、立ち上げ2ヶ月の水槽をリセットして再度立ち上げ直す事にしました。 前回の経緯 時間がかかると魚にストレスになると思うので、手順をしっかりと考えてから始めます。 ①新しい水槽にバックスクリーンを貼る②大きいバケツに飼育水と魚、ライブロックを移す③既存の水槽を一気に撤去してサンゴ砂や機材を洗う④新しい水槽を設置して飼育水と魚、ライブロックを戻す⑤不足した海水を足す 注意点は・極力デトリタスが舞わないようにライブロックを出して魚を捕まえる・バケツに移しても水温が下がらないように常にヒーターで一定に保つ・エアレーションは常に行うなどなど まずはバックスクリーンを貼ります ↓バックスクリーンは窓ガラス用のやつをAmazonで購入しましたDuoFire 【目隠しシート】装飾再利用可能 無接着剤静電ペーストプライバシーガラスフィルム 艶消し白色 (0.6M X 2M) - まずは貼る面を綺麗にして、中性洗剤を混ぜた水で霧吹きします ↓フィルムを貼って空気を外に押し出して抜きます ↓はみ出した部分をカッターで切ります ↓はじめてやりましたが、なかなか綺麗に貼れました。 次回はいよいよリセット開始です カテゴリ別の記事はこちらです。海水魚水槽古代魚水槽水草・熱帯魚水槽ビオトープ自作・商品紹介 ↓参加しています。押してもらえると励みになります。にほんブログ村

続きを読む