フラワートマン隔離BOXから卒業

こんばんは、松崎です。 お迎えから隔離BOXに入れていたフラワートマン ようやく水槽内に放流することにしました。 そもそもなぜ隔離BOXにいたかというと、理由は二つあります。 まずはお迎えしたときから右脇腹あたりに怪我をしていたからです。ショップに居るときにこのあたりを噛まれたようです。くわしくは過去の記事で紹介しています。(過去記事:フラワートマンお迎えの経緯、フラワートマン怪我の具合) 現在の怪我の具合ですが2週間経過しましたが、腫れはあまり変わりません。ただ泳ぎは普通だし元気なので隔離し続けるほどの重体では無いと判断しました。 隔離BOXもう一つの理由は餌付けです。人工餌を全然食べようとせず冷凍アカムシだけを食べ続けています。 この水槽にはブラックアロワナがおり、餌やりの時はあっという間に食べてしまいます。 なので、なるべく人工餌を食べるようになってから合流させた方がエサ取り合戦には良いかなと思っていました。(過去記事:フラワートマンの餌付け1日目、餌付け5日目) しっかし、2週間経っても全然食べないので、そろそろ諦めてきました。 また、ここ最近判明した事なのですが、以前は冷凍アカムシを爆食いしていたブラックアロワナが、最近カーニバルばかり食べていたので冷凍アカムシに興味がなくなったようです。 フラワートマンの食べ残しを少し上げてみたのですが全く興味を示さないので、これなら隔離BOXから出してもフラワートマンの餌が全部食べられてしまう心配もなくなりました。 広…

続きを読む

古代魚水槽の近況【2018年9月】

こんばんは、松崎です。 古代魚水槽の近況報告です。 水槽サイズは60㎝の規格ガラス水槽です。 飼育している魚の近況です。 ・ポリプテルスデルヘッジ【2018年5月~】 飼育始めてから4か月が経過しました。体長はほとんど変わっていないように感じます。12㎝あるかどうかでしょうか。 ↓ ちなみにお迎え直後がこちら身体の色が真っ白ですね。 ガーネットサンドに変えてから一気に濃くなりました。(過去記事:ガーネットサンドによる色揚げ効果) 餌は毎日ミニキャットを5粒ほどあげています。もっと大きくなって欲しいので量を増やしていこうと思います。 ・ブラックアロワナ【2018年7月~】 飼育始めて2ヶ月が経ちます。 身体はずいぶんしっかりしてきました。14㎝くらいあるかと思います。 また、成長に反してなんだか最近臆病になってきました。私が水槽の前にいくと必ず怯えて上部フィルターの給水部分に巻き付いてじっとしています。 ↓ お迎え直後はこんな感じでした 現在と比べてみると、体つきと同時に体色も随分ブラックになりました。もっと成長するとシルバーになっていくそうなので、今はこのブラックカラーを楽しみたいとおもいます。 ・フラワートーマン【2018年9月~】新入りのフラワートーマンです。 2週間経ちましたが餌付けに苦戦中で、いまだに人工餌だけでは食べようとしません。冷凍アカムシをあげるときにカーニバルを小さくして混ぜてやると何粒か食べる程度です。 怪我の治療と餌付けの為に…

続きを読む

フラワートーマン1週間の様子。(餌付け5日目)

こんばんは、松崎です。 フラワートーマンお迎えして1週間が経ちました! まずまず順調といって良いと思います。とりあえず元気です。 初めは怪我が気になっていましたが、腫れも引いてきているので感染症等の心配は無いようです。 このあたりが腫れていたのですが、今はほとんど目立ちません。(詳しくは過去記事:フラワートーマンお迎えの経緯、フラワートーマン怪我の具合確認) 泳ぎを見ていても特に痒がったり、不自然な動きを見せないのでこのまま快方に向かうと良いのですが。 餌は相変わらず冷凍アカムシしか食べてくれません。 最近は冷凍アカムシを浮かべるのと同時に、カーニバルを砕いたものも混ぜています。 そうするとアカムシを食べるときにカーニバルの欠片も一緒口に入るので、だんだんと味を覚えてそのうち餌として認識してくれるという作戦です。 ただ大きめの欠片はさすがに分かるようで、ちゃんと避けて口に入れようとしません。↓ 給餌の様子を撮影した動画です。 IMG_2587.mp4 ごくたまに、一粒くらいは間違って食べてくてます。 気長にやればいつかは人工餌を食べてくれるようになるのでしょうかね…。 そして、大きく変化したのは身体の色です。 家に来たときは銀色だったのですが、最近はグレーから黒に近くなりました。少しだけですがラメ色というか虹色に光る部分も見えてきました。 ↓ 初日の様子 ↓ 2日目の様子 ↓ 7日目の様子 口元とエラ付近だけ少し、青白く光っています! …

続きを読む

フラワートーマンの餌付け(1日目)

こんばんは、松崎です。 先日お迎えしたフラワートーマンの餌付けについて書いていきます。 怪我をした状態でうちに来たので、まずは隔離BOXでキズの回復を待ちます。混泳相手はブラックアロワナとデルヘッジ。右上の隔離BOXに入れています。 ↓、お迎えの翌日、仕事から帰宅するとなんだか体色のグレーが濃くなっていました。ヒレも少し広げており、少しはうちの水槽に慣れてくれたようです。 ↓ 昨日の様子と比較すると結構違います。 今日は初めての餌やりです。 フラワートーマンも肉食魚なので、とりあえずブラックアロワナと同じカーニバルをあげてみましたが ひかりクレスト カーニバル 210g まったく食べようとはしてくれませんでした。 次に試したのはデルヘッジが食べているミニキャット ひかりクレスト ミニキャット 75g こちらも見向きもしませんでした…   次に試すのは冷凍餌です。ブラックアロワナも始め食べていた、冷凍アカムシ フレッシュ赤虫(アカムシ) 100g ものすごい険しい顔でにらみをきかせていましたが、少し興味はありそうです。 数分間にらみ合いが続いた後、ついに パクっ!! ようやく食べてくれました。 一安心です。少なくともこれで餓死させることはないでしょう。 冷凍アカムシを沈ませないであげる為、キューブの1/4程度の量にしているのですが、あげた分は全部食べてくれました。(過去記事:冷凍アカムシを沈ませないで給餌する方法) 昨日はガリガリだったのです…

続きを読む

フラワートーマンの水合わせ。怪我の具合とスポットの確認

こんばんは、松崎です。 先日お迎えしたフラワートマン。今日は水合わせと初日の様子についてです。 新しい古代魚を探しに行き、なんだかんだで頂けることになったこの怪我したフラワートマン。(過去記事:フラワートマンをお迎えしました) まずはよく観察して、怪我の具合をじっくり見てみます。 が、 袋の外から眺めても、どこを怪我しているのかよくわかりません。 ↓ しいて言うならこの部分が少ーしだけ腫れているように見えます。 温度合わせの後、水合わせ用プラケースに移動しますやはり右の腹が少しだけ腫れていますが、他に目立った傷は見当たりません。 ヒレも少し乱れていますが裂けているというほどではなく、泳ぎも特に異常は無いように見えます。 怖いのは感染症でしょうか、バイ菌などが入ってなければよいのですが。 身体が小さいので目玉がとても大きく見えます。 口がアヒル口で、ゆるキャラのようにも見えます。 水合わせは点滴法で約2時間。たっぷり行いました。そしていざ水槽へ 今回は怪我もしているので、まずはプラケースで隔離します。 ブラックアロワナ入れたときはデルヘッジが初日に襲い掛かったので、すでに手負いのフラワートマンは回復するまでここに居てもらいます。 それと餌付けの状況を聞いてくるのを忘れたので、もしかしたら人工餌はまだ食べないかもしれないし。 食に対して貪欲なブラックアロワナに全部食べられてしまっては、怪我の回復どころではありません。人工餌への餌付けもちゃんと確認…

続きを読む

フラワートーマンをお迎えしました。(オセレイトスネークヘッド)

こんばんは、松崎です。 古代魚水槽に新しくフラワートーマンをお迎えしましたまだまだ幼魚で、これから!って感じに惹かれました。 今日はお迎えに至った経緯を書きます。 現在ブラックアロワナとデルヘッジを60㎝規格水槽で飼育しているのですが、そろそろ新しい魚が欲しくなり、新しく迎える子を探しにショップに行きました。 お店で30分ほどウロウロしていたのですが、迷ったのは以下の3種です。 ①オスカーこちらは以前から興味ありです。いつかは入れようと思っているのですが、幼魚のサイズになかなか巡り合えず、買うタイミングを逃しています。オスカーは成長も早いと聞くので出来れば7㎝くらいの小型から育てたいなと思っています。 今回は小さいのがいたのですが、色がよくある黒い体に赤い斑点ではなく、グレーの体に白い斑点で見たことのない種でした。見た目も格好良く、成長に伴ってどう変わっていくかも楽しめそうでした。サイズも10㎝以下でちょうどよかったのですが、全面ガラスに衝突するくらい動きが荒々しかったので躊躇してしまいました。 やっと回復したブラックアロワナが、また傷だらけになるのは可哀そうなので ②ダトニオこちらもオスカーと並んでいつかは飼ってみたいですね。この日はフォーバータイガーのとても小さい幼魚がおりました。4㎝くらいで本当に小さくて可愛かったです。こんな小さいのが50㎝近くまで育つと思うとワクワクなのですが、我が家の水槽で飼いきれるかが心配で手が出ませんでした。 うちはおそらく90㎝から120…

続きを読む

もっと見る